ガラホとは、
ガラケーとスマホをあわせた日本独自の言葉です。

外見や使い勝手はガラケーだけど中身がちょっとスマホ

これがガラホです。

ガラホとは
中身が一部スマホなので
スマホ用サイトが閲覧できたり、
スマホのようにLINEアプリが使えたりします。

AQUOS K SHF31 出展:www.sharp.co.jp


ガラホの機種は?どんなモデルがあるの?

auのガラホは?

auのガラホは次の6種類です。(2018年11月現在)
  • INFOBAR xv(インフォバー・エックスブイ)
  • かんたんケータイ KYF38
  • AQUOS K SHF34
  • GRATINA KYF37
  • MARVERA KYF35
  • かんたんケータイ KYF36

最新のauガラホの詳細はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

docomoのガラホは?

docomoのガラホは次の2種類です。(2018年11月現在)
  • AQUOS ケータイ SH-01J
  • P-smart ケータイ P-01J

最新のdocomoガラホの詳細はこちらで詳しくご紹介しています。

なんでガラホがでてきたの?

「ガラホとは」が大体わかったところで、
それでは、なんでガラホがでてきたのでしょうか?

その疑問に答えていきましょう。

ガラホが登場した原因をかんたんに言うと、理由は次の2つです。

 操作の違い
 料金の違い


この2つに分けてご説明します。

ガラホなら操作感はガラケーと同じです

ガラケーとスマホは 操作方法が全く違います

今まで携帯、いわゆるガラケーに親しんできたなら、

携帯の操作といえば、「ボタン」を押すことですね。

決まった位置にあるボタンをポチポチと押す操作です。

それに対して、
スマホの使い方はどうでしょうか?

スマホ操作の中心は、画面の上のボタンに触れたり、画面上で指を滑らせたりします。

携帯のボタンを押す操作と比べて

操作感が全く異なりますね


このため、今まで携帯に慣れ親しんできたユーザなら
ボタンが押せないスマホに抵抗を感じますし、

スマホ操作の
画面に触れたり、画面上で指を滑らせる
といったスマホ特有の操作に違和感を感じます

携帯のように物理的に存在するボタンを押すのでく、
平らな画面上に表示されたボタンに触れて、指を滑らせるのです。

スマホ操作に慣れにくいと違和感がどんどん大きくなります。

だから、スマホへの乗り換えに敷居が高くなるんです。

スマホ操作が合わない方は携帯にとどまるしかありませんが、
スマホユーザが楽しそうに新しいアプリを使っていても、

涙を飲んで我慢するしかありませんでした。


スマホでは最新機能や最新アプリがどんどん登場します。

しかし、携帯ガラホ向けの新しいアプリはありません。

新しいアプリや機能なんて自分たちには無縁のもの

と割り切って我慢していたと思います。


しかし!!!
今は、状況が変わってきました


携帯からスマホへ切り替えないユーザが割と多いことで、

docomoやauなどのメーカー側でも
これらのユーザのニーズを無視できなくなっています。

そして、
これらのユーザのニーズを満たす新たなビジネスチャンスとして、

多くの携帯やガラケーユーザのニーズにフィットする
新たな商品「ガラホ」が生まれたというわけです。


ガラホとは、わかりやすく、かんたんに言えば、

この「ボタンを押す操作」をそのままに、

スマホでできる最新機能や最新アプリが使えるようにした
最新のモバイルアイテム
と言えます。


ガラホという言葉の響きは
ガラパゴスという言葉自体が持つ

どことなく古めかしさを感じてしまいますが、


とは言っても、

ガラホは、スマホとは別の新たな便利アイテムとして独自の世界を築ける勢いのある

「最新ツール・最新機器」なんです。

ガラホなら料金は変わりません

ガラケーからスマホに変えると料金が明らかに高くなりますよね。

スマホへ切り替えると、
最新機能を搭載した高額なスマホの本体費用が加算され、
データ通信主体の料金プラン自体も高いのです。


だから、わかりやすく、かんたんに言えば、

従来のガラケーに不満がなければ、
スマホへ切り替えると高くなることが大きな障壁になっているんです。


ガラホが生まれたもう一つの理由として、
「費用をできるだけ抑えたい」

ガラホとは、そんな携帯ユーザ本来のニーズに応える理由もあります。


従来のガラケーの料金プランと同じくらいの費用で、
スマホのような最新機能を使えればすごくラッキーですよね!?

そう思われる方も多いはずです。
そんな要望に応えるのがガラホなんです。


スマホに比べて料金をしっかり抑えながら、
最新機能をかしこく使い倒すことができます!




以上、ガラホとはこの2つの理由から生まれたわけですが、

従来の携帯と外見が同じで、

操作も同じ、
料金プランも同じ


となれば、
ガラホへ変えない理由はありませんよね。


今までの慣れ親しんだガラケーを
機種変更するのと全く同じ感覚です。

気にするところはどこにもありません

今までスマホへ乗り換えられなかった方も
気軽に各種機能を楽しめると思います。



スポンサーリンク


ガラホの特徴は?スマホと同じなの?どこが違うの?

ガラホとは?ガラホの特徴は?

ガラホは、見かけはガラケーですが、

ガラケーやスマホとも機能が異なっていたりします。


これらの異なるポイントについて
順番にわかりやすく、かんたんにご説明します。


今話題の「LINE」が楽しめます!

従来の携帯でも実はLINEは使えました。が、すごく不便でした。

なぜならアプリ自体が異なるため、
機能制限されていたり、操作感が全く異なっていたからです。


これに対して、ガラホは、
スマホ同様のアプリが使えます。

スマホユーザと同様の気軽さ

LINEのメール機能や通話機能を使え、コミュニケーションを楽しむことができます。


インターネットが閲覧できます!

ガラホは従来の携帯より高度な機能が搭載されており、
パソコン同様のブラウザアプリが使えます。

つまり、ケータイ専用サイトではなく、
スマホやパソコンと同様の一般のWebサイトを閲覧できます。

逆に、従来の携帯で閲覧していた携帯サイト、携帯コンテンツは、
スマホ同様に利用できなくなります。


アプリのダウンロードができます!

Android版スマホでは、各種アプリのダウンロードでGoogle Playストアを利用しますが、

ガラホはこれに代わって、
ドコモはdマーケット、auはauスマートパスからアプリがダウンロードできます

ダウンロードできるアプリ種類は、Google Playストアと全く同じではありません。

ドコモとauの違いによっても、
ダウンロードできるアプリ種類が異なりますので注意が必要です。


最新の高性能カメラ内臓

機種によって、
500万画素、800万画素、1300万画素など、
それぞれ高性能カメラを内臓しています。

ガラケーやスマホ同様に、
デジカメとしても気軽に画像や動画を撮影することができます。


従来の通信機能に対応

従来のガラケー同様に、ワンセグ、赤外線通信、Bluetoothに対応しています。
機器やデバイス同士の通信もかんたんに行えます。

スマホでは機種によってはワンセグや赤外線通信ができないものもありますが、
現在のガラホは全機種対応しています。


その他、機種によって次の機能があります。

auはガラホに力を入れていますので、
以下の追加機能はauが多いです。

・防水機能(docomo、au)
・オサイフ携帯(au)
・高速通信の4G LTE対応(au)
・FOMA対応(docomo)
・VoLTE対応によるクリアな通話音質(au)
・Wi-Fi、Wi-Fi経由インターネット接続
・ノートPCやゲーム等をインターネットに接続できるデザリング機能(au、要申込み)



タッチパネル不採用

ガラケー同様のボタン操作ができますので、
スマホのタッチパネルは採用されていません。

逆に間違って画面を触っても操作されないので
ガラケー同様に安心して取り扱えますね。



いかがでしょうか。
できるだけわかりやすく、かんたんに説明してみました。

もっと詳しく違いを知りたい方へ、こちらの記事へまとめています。


ガラホとは何か、分かりましたでしょうか?
ガラホへ乗り換えてみたくなりましたか?(^^)/

これからもガラホを楽しんでいきましょう!

最新のガラホ情報はこちらからどうぞ!



ガラホに対するネットの反応

2015年ネットの反応をざっと引用してまとめておきます。
ガラホとは、一般的な内容

  • フィーチャーフォン、いわゆるガラケーの出荷台数は1058万台と昨年と比べて2.1ポイント増になったという
  • 「ガラホ」は売れるのか? ガラケー復調の理由はあるのか?
  • ガラケーに関しては、「ガラケーがいい」という根強いファンがおり、スマホには乗り換えないと言う人が多いようだ
  • 2014年3月末の内閣府調査によると、国内のガラケーの世帯普及率が73.7%だがスマホは54.7%。20ポイント近く水を空けられていた とは
  • ガラホとは何? ガラケーとスマホの「いいとこ取り」は成功するか
  • 下ボタンがたまにバグるけどまだガラケー使う

  • そこで、見た目はガラケーの「ガラホ」が登場した
    「見た目はガラケー、中身はスマホ」という「ガラホ」
  • 「ガラケーの形をしたスマホ とは。我々はガラホと呼んでいる」
  • ガラホとはスマートフォンとガラケーの中間に位置するモバイル端末
  • ネットなどが使いやすくなる分、料金はガラケーより高めだ
  • 操作性や見た目は、折りたたみ式の従来型の携帯電話「ガラケー」
  • フィーチャーフォンの形状と操作感を維持しつつ、スマートフォンのアプリやサービスも利用できるとは、いいとこ取りの端末だ
  • 【レビュー】新AQUOS KはVoLTEに対応し、ますます魅力的なガラホに! (4) いいとこ取りの端末
  • 見た目は折りたたみのガラケーであるが、スマホの OS である Android を採用し、スマホ向けのチップセットを使う
  • 「ガラケー」の機能は引き継がれるものも多いが
  • ガラホはスマートフォンサイト、PC向けサイトの閲覧が可能で、携帯メールはAndroidになっても引き続き利用することができます

ソフトバンク社長の見解

  • 「ガラケー必要ない」とSB社長。「ガラケー」「ガラホ」どう違う?

機能の違いについて

  • Android搭載フィーチャーフォン4機種を比較してみると、赤外線通信、ワンセグ、緊急速報メールは全ての機種が対応しています
  • ガラケー向けサイトやアプリが使えない点
  • 【レビュー】新AQUOS KはVoLTEに対応し、ますます魅力的なガラホに!
  • ドコモ端末ではおサイフケータイの移行ができない点
  • スマホ向けのコンテンツサービスとは利用できないことが多い
    自由にアプリの追加インストールができない点、キャリアがスマホ向けに提供するコンテンツサービスもほとんどが利用できない点

LINEについて

  • ガラホとは、うれしいのは「LINE」が使える
  • スマホを持っている人の必須アプリになりつつあるLINE
  • ガラケーなのにLINEが使える!ドコモとauが発表した「ガラホ」
  • ドコモの場合は無料通話アプリ「LINE」がプリインストール
  • 気軽にメッセージが送れるため、友人同士のやり取りだけではなく、職場での連絡ツールになっているケースもあります
  • LINEも使えるようになるため「ガラケーで電話とメール、LINEが使えれば充分」というニーズにも対応できることとなる
  • auではLINEを含む約100種類のアプリを定額でダウンロードすることができるガラホ専用の「auスマートパス」が提供されます
  • インターネットにLINEが出来るだけで良いなら ガラホ っていう手があるんじゃない?Android搭載のガラケー
  • 携帯端末をガラホに機種変してLINEができることが同僚達に判明した為始めるよう勧められた。課長からは「緊急時の連絡先や日常でも欠勤の報告等が簡単に受けられるのでできれば始めて欲しい」とやんわりとだけど業務命令的な言葉も…うーん、どうしよう。

docomoとauの違い

  • ガラホとは「ドコモとは違う」 auの新モデルはVoLTE対応 料金はガラケー並み
  • ガラケーが作りたかったのではなく、ガラケーを進歩させたかった
  • 「われわれは、料金はガラケー並みだが、LTEによる高速通信やテザリングができるなど、ガラケーとスマホのいいところを上手く継ぎ合わせ、ガラケーの形の中に入れたと思っている」と話す
  • 「ドコモ」は Android のガラケーという位置づけ
  • 「ドコモ」はあくまでフィーチャーフォンの土台を Android で作っただけで、そのことをユーザーに感じさせるつもりがない