DMM FX

【報告】ガラホでなく今話題の格安SIMで携帯料金を抑えよう

ガラホを楽しんで使いたい場合では、

いくらガラホが携帯型になっているとはいえ、
スマホ同様の料金がかかってきてしまいます。


でも、携帯やスマホを使ったコミュニケーションの
楽しさは我慢したくないですよねww


LINEやネットも楽しみたい
でも、料金は押さえたい



そんな欲張りな要望に応えてくれる
1つの解として、今ちまたで話題になっている

格安SIM

がとても有力な選択肢になってきます。


というこことで
格安SIMについてまとめてみました。



格安SIMって何?


格安SIMとは、

通話やデータ通信料金がすごく安くなる
SIMカード
のことです。


SIMカードとは次の写真のカードのことで、
スマホやタブレットにはSIMを差し込める口が横についています。

SIM (SIMカード写真)


今や、docomo、au、ソフトバンクだけでなく、

各社からこのような格安な通話、通信の
サービスが提供されていて、

繁華街の携帯コーナーでも
「格安SIM」
という言葉を目にすることも多くなりました。


このSIMカードを、対応するスマホやタブレット
差し込めば、通話、そしてLINEやネットが使える
ようになります。




格安SIMってどのくらい安いの?


安いと言われてもイメージがつかないと思いますので、
実際にガラホでの料金と比較してみましょう。


例えば、auガラホ料金プランでは、

VKプランS+ダブル定額の場合の月々の支払は
最低1,793円~最高5,498円

ですが、

最低額の1,798円で抑えられる人は
ガラホでデータ通信をほぼ使わない方に
限られるわけです。


LINEやネットをちょっと楽しむ
あっという間に上限額の5,498円になってしまいます。


これは携帯本体の支払が無い場合の月々の料金ですから、

本体を24回分割払いにすると、プラス月々1000円位かかり、

月々およそ 6,498円 となります。



では、格安SIMではどうでしょうか?

格安SIMで今一番頑張っているDMM mobileで考えます。


通話付き
データ通信量 3GB
携帯機種は一番安いスマホAscend G620S新品(24回分割)
セキュリティオプション無し

この場合では、

新規契約手数料 3,000円

そして、
通信 SIM 3GBプラン1,550円+サービス料2円+携帯本体代999円
となりますので、

月々の支払い 2,521円です。



ガラホでは月々
6,498円

格安SIM利用なら月々
2,521円

となり、
月々の差額は、なんと 3,977円 です!


月々約4千円を抑えられたら
年間では4万8千円ですよ!

これはヤバイ!(^◇^)


auへ解約時の違約金 約1万円を支払っても
全然おつりがきそうですよね。

これは重要な選択肢の一つになりそうです。



格安SIMへの乗り換えってどうすればいいの?


格安SIMへの乗り換えにはいくつか方法があります。

・格安SIMと一緒に新規スマホを購入
・今までのスマホのSIMを取り出して格安SIMを入れて使う


大きくはこの2つの方法です。


もちろん、普通は携帯2台持ちしないと思うので、

今までの使っていた
携帯会社docomo、au、ソフトバンクとの契約は解約
する必要があります。


電話番号を引き継ぎたいときはMNPを使って、
格安SIMでその番号を使うことになります。


それでは、この2つの方法のうち
簡単な方法から順にやり方をまとめてみます。



格安SIMと一緒に新規携帯を購入する方法


一番分かりやすいのは、

今までのガラケーやスマホなどの端末を捨てて
格安SIMと一緒に新しい端末(スマホやタブレット)を
購入する方法です。


捨てるといっても、電話番号を捨てるということで
携帯本体は中古業者などへ持ち込めば相当額で引き取ってもらえます。


前回購入から2年以内の場合
ガラケーやスマホ本体は壊れていないし
解約時の違約金もあるのでもったいない気がしますが、


前述どおり、料金プランの方が
私たちのおサイフへすごいダメージを与えてきますので

そんなことは言ってられませんよね。


ある意味、一刻も早く格安SIMへ切り替える方がお得
かもしれません。


格安SIMと一緒に端末を購入する場合は
その携帯に合ったSIMがセットで購入できるので

あとで使えなかった、ということがありませんので
すごく分かりやすいし安心です。


SIMには何種類かありますので
使おうとしている端末に合ったSIMを購入する必要がありますし、

格安SIMに対応していない端末もあります
ので注意が必要です。


購入する格安SIMによっては
次のような色々なパターンが選べます。

・通話とデータ通信の両方できるタイプ
・データ通信だけのタイプ



更に、通話できるタイプの場合は、

・新たに電話番号を取得する
・MNPで今までの電話番号を引き継ぐ



この辺は格安SIMごとに異なりますので
各社の格安SIMページで詳細を確認します。



今までの携帯のSIMを取り出して格安SIMを入れて使う方法


こちらは今までの携帯会社と解約しますが、
新しい端末を購入せずに、

今までの端末のSIMを格安SIMへ入れ替えることで
格安SIMのサービスを使う方法です。


注意点としては、前述の通り

今まで使っていたスマホが格安SIMを使える端末かどうか
格安SIMの大きさなどが合っているか

を事前にしっかりと調べておく必要があります。




格安SIMはなんか難しそうだから、あきめる!?


色々と詳細を見ていくうちに
難しそうで自分にはできそうもないかな、

だんだん嫌になってきたり
あきらめがちなんですが、

実際の格安SIMページを見てみると
割と簡単なんです。


特に、格安でかなり力を入れているので
今オススメなのが、DMM Mobileですが、

このページでは、前述の色々なケースを
順番に場合わけしてガイドしてくれるので

格安SIMへの乗り換えがとても簡単です。

是非一度覗いてみることをオススメします。




このサイトをご覧いただくと分かりますが、

サイトの作りもしっかりしているし、
ジャニーズの方のCMもあるようですし、

「業界最多プラン数・全プラン業界最安値」

ということなので、
他の格安SIMサービスは見る必要がないかもしれません。



DMM Mobileでのオススメプランは?


DMM Mobileは色々なプランを準備していますので、
合ったプランが必ず見つかると思いますが、

恐らく多くの人が使うと思われるのがプランをご紹介しておきます。




をクリックすると次の画面になります。

DMMmobile2
「新規お申込みはこちら」をクリックします。


音声付きSIMプラン
端末とセットでお申込みの方 音声付きSIMプラン で
「新規番号で申し込む」をクリックします。


内容を確認して
「次へ進む」をクリックします。


基本データ通信量の選択は「3GB」

端末の選択は「ASUS ZenFone 2 Laser」
カラーの選択「ブラック」
お支払い回数「分割/24ヶ月」

追加オプションの選択「なし」


ここで、

初期費用3,000円
月々のお支払い目安2,803円

が表示されていることを確認します。
内容がよろしければ、


「この内容で申し込む」をクリックします。



その他、格安SIM情報の補足として


前述のオススメプランは良くあるプランとしましたが、

基本データ通信量を変えたり
他の端末を選んでもOKです。

注意点として、
基本データ通信量が「ライト」の場合は
速度が200Kbpsとなります。

200Kbpsとは文字のメールしか使えない
ような低速スピードになります。

LINEスタンプ等の閲覧や、
写真などの画像の送受信とかかなり厳しく
なってくると思われます。


追加オプションでは、
セキュリティオプションまではいらないと思いますが、

端末を落としてしまったり、水没させてしまった時に補償となる
端末交換サービス350円は選択できれば安心ですね。






格安SIMへの乗り換えて
思う存分LINEやネットを楽しみましょう!


 




スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ