DMM FX

【驚愕かよ!?】スマホからガラホへ乗り換えると結局どーなる?

auがガラホCMを流し始めました。
より一層ガラホ人気が盛り上がってきました。


現在スマホをお使いの方でも、
最新のガラホが気になっていると思います。


au-garaho-cm (au ガラホ CM 画像)

そこで今回の記事では、
現在スマホをお使いの方のために、


スマホからガラホへ乗り換えるメリットがあるのか
どのように乗り換えるのがお得なのか



これらについて考えてみたいと思います。



そもそも
「ガラホってナニ?」
という記事はこちらにまとめてあります。

>>> ガラホとは <<<


ガラホはかんたんに言うと
ガラケーなのにスマホとほぼ同じことができる
っていう現在注目の最新アイテムです。



スポンサーリンク





どんな人がガラホ乗り換え有効なのか


スマホの利用者でも
スマホを使いこなしている人もいれば
スマホ機能を持て余している人など様々です。


どんな人がガラホに乗り換えるのが有効なのか、

についてざっと挙げてみます。



タッチパネルが嫌い、物理キーが好き

今までスマホのタッチパネル操作を我慢してきた人は
このストレスから開放されますよね!

指が滑りにくい、逆に滑りすぎる、または指が太い・大きいなど
スマホ操作に合わない人もいるわけですので

その意味ではガラホは救世主となりそうです。


片手操作が好き

スマホは本体を片手で持ち、もう一方の手で操作することが多いですが、
ガラホは片手だけで操作が可能です。

片手で荷物を持ちながら携帯を操作したい人には
ガラホのメリットが生きてきます。


通話、メール、LINE、ちょっとしたサイト閲覧程度しか使わない

通話、メール、LINE、サイト閲覧などの代表的な機能は
スマホでもガラホでも基本的な機能として持っているので
あとは使い勝手や操作感だけの違いになります。

これら基本機能しか使わない人にとっては、
スマホまでお金をかけなくても
ガラホで携帯代を抑えることができますね。


多少不便になっても携帯代を抑えたい

auガラホは機能的はスマホとほぼ同じですが、
ガラケータイプのため操作感が全く異なったり
使えるアプリが限定されたりします。

色々なアプリ、お好みのアプリを選択できるスマホに慣れた人が
ガラホの単一的な操作感に満足できるかは分かりません。

但し、これらのガラホでの機能制限が我慢できるなら
明らかに携帯代が下がるため

操作感を取るか費用を取るか

という2択になるかもしれません。


スマホ2台持ちやタブレット+スマホ持ちで、1台のスマホをあまり使っていない

あまり使っていないスマホをガラホへ乗り換えれば、
無料通話分が含まれるので通話分がお得になります。

スマホの方でテザリングを使い、ガラホからWi-Fi接続する方法もあるので
スマホ+ガラホの組み合わせもかなり強力ですね。

テザリングって何かについては次の記事にまとめてます
>> 【危険!?】au ガラホ のテザリングに注意せよ <<


友達以外、店舗、会社など、一般回線で電話をかけることが多い人


友達や知り合いはLINEのIDやスカイプIDを交換できますが、
それ以外の通話は、電話番号を使った電話になります。

ガラホはガラケーの料金プランを継承し
基本料金に無料通話分が含まれていますので、
これらの電話番号での通話がしやすくなっています。

友人以外の人や場所へ連絡を取ることが多い人にとって
無料通話分があるとすごく気が楽になりますね。




逆に、スマホからガラホへ乗り換えてもあまり意味がないと思われる方


ガラホは良いところばかりではありません。
ガラホへ乗り換えても効果がないかもしれませんので要チェックです。


毎月データ通信容量をオーバーしがちな人

ガラホに乗り換えても結果として料金はほぼ同じになります。

それならガラホにするよりも、格安SIMポケットWi-Fiを併用する方が
データ通信料を大きく抑えることができます。

これらについては、以前の記事にまとめていますので
そちらをご確認くださいね。

>> 格安SIMについての記事はこちら <<
>> ポケットWi-Fiについての記事はこちら <<





乗り換えメリットがあったら「ガラホとスマホの違い」を再確認しましょう


ガラホへ乗り換えた方が良さそうなら、
次は具体的にどんな違いがあるかを確認してみましょう。


これらの違いが特に問題なければ、
スマホからガラホへ乗り換えると良さそうです。

AQUOS K SHF31

docomoのガラホとauのガラホでは機能が大きく違うので
ここでは機能が豊富なauガラホとスマホと対比してみます。


形状
・ガラホは二つ折りガラケータイプ
・スマホはタッチパネル(4~7インチ、5インチ前後が多い)


操作
・ガラホは物理テンキーで操作する
・スマホはタッチパネルで操作する


機能
・ガラホ、スマホ共におサイフ携帯機能がある(スマホのiPhoneにはありません)
・ガラホ、スマホ共にWebサイトは同じものが閲覧できる
・ガラホ、スマホ共にWi-Fiやデザリング対応している

・スマホの方がアプリが充実している
・ガラホの方がバッテリが長持ちする


料金プラン
・ガラホは無料通話分もあり料金も抑えられる
・スマホはデータ通信定額が一般的でガラホより高い



ガラホとスマホの主な違いとしてはこんな感じです。

ガラケーからスマホへ乗り換えられた方なら、
スマホからのガラホへの乗り換えは比較的カンタンだと思います。


次にガラホのメリットとデメリットのポイントを
簡単にまとめます。




スマホ利用者にとってガラホの「メリット」「デメリット」とは



ガラホのメリットは

ガラホは二つ折りなので、
スマホに比べてコンパクトで持ち運びが容易です。

そして、二つ折りで持ち運ぶために

落とした時に液晶部分が自然と守られ、画面が割れることが少なくなります。


タッチパネル操作でなく物理キーでの操作です。
タッチパネルが苦手だった方には操作性が良くなります。


料金プランが安く抑えられます。
例えば、無料通話分が基本プランに含まれているのでお得です。


スマホは外出先でも電池量を気にしなければなりませんでしたが、
ガラホでは夜間だけの充電で一日もつことが多いです。



逆に、ガラホのデメリットは

スマホ画面に目が慣れていると、
ガラホ画面の小ささに目が疲れてしまうかもしれません。


スマホのタッチパネルに慣れていた場合は
今まで素早くできたフリック入力が使用できず
入力がもどかしく、不便になるかもしれません。


スマホでは最新機能がどんどんリリースされますが、
ガラホは最新機能が搭載されない可能性があります。


スマホでは世界中で新しいアプリがどんどん増えますが、
ガラホは特定アプリしか使えず、増えてもdocomoやauが準備した範囲に限定されます。


つまり、LINE以外のコミュニケーションツールが
出てきたとき、それに対応するかどうかは分かりません。




スマホからガラホへ乗り換えると、結局どーなるの?


ここまでで
スマホとガラホの違いや、メリット、デメリットをざっと
まとめてみました。


では、スマホからガラホへ乗り換えると
結局どーなるのかをまとめておきます。

shf32

持ち運びが楽になり、落とすのを怖がらなくて良くなる

ガラホの二つ折りなら、大きさもコンパクトで持ち運びが便利です。
二つ折りで画面が隠れるので、画面の破損防止で気分が楽になります。


・画面操作がタッチパネルから物理キー

タッチパネルを触ったり指を滑らせる操作から
物理キーを押す操作へ変わり、操作感が激変します。
どちらが使いやすいかは人それぞれです。


アプリ制限がでてくる

ガラホ専用アプリだけしか使えないため、
スマホで使えていた代表的なゲームアプリが使えないことが多いです。
(ガラホ専用アプリが無い場合は、ブラウザ経由アクセスに限定される)


・docomoガラホでは便利機能が減る

おサイフ携帯、テザリング、Wi-Fiなどのいくつかの機能が使えなくなります。
※auガラホではこれらの機能はある


最低料金が下がる

スマホでは基本料金だけでは通話もデータ通信も別途料金が必要ですが、
auガラホでは基本料金内に無料通話分が含まれています。

つまり、通話目的に限定すれば料金が極端に抑えられます。

※最高料金としては、どちらでもほぼ同じ位です。




どのようにガラホへ乗り換えるとお得なのか


ガラホへ乗り換えたい場合、どのように乗り換えるのが
賢い方法かまとめておきます。


1.ネットをガンガン使いたい人向け


docomoとauのガラホ機能を比べた時
明らかにauの方が機能が豊富です。

おサイフ携帯機能をはじめ、Wi-Fiやテザリング等
auではスマホ同様の機能が使えます。


どうしてもdocomoをやめられない事情がない限り
ガラホを使い尽くしたい人にはauをお勧めします。


ということで、
auガラホへの乗り換えを基本に考えた時、乗り換えは、

docomoスマホからauガラホのMNP乗り換え

が一番お得です。


auスマホからauガラホへの機種変更もできますが、
機種変更では本体料金が一括0円になりません


一つ古い春モデルのAQUOS K SHF31でも
機種変更価格が21,600円です。

ちょっともったいない気もしますね。
本当なら、

auからdocomoへMNPしてキャッシュバックをもらいつつ、
他の方法でauガラホをゲットする方法


が一番お得なんですが、
これについては別の記事でまとめたいと思います。



で、

docomoスマホからauガラホへの乗り換えの時の
本体代金は一括0円になりますので、
あとはau料金プランでお好きなパターンを選べばよいでしょう。


ガラホをガンガン使いたいなら、次の感じでしょう。


電話カケ放題プラン+データ定額サービス10

料金はスマートバリュー適用で月額8,000円です。


ここで、なぜauで有名な
ダブル定額を選ばないかということですが、

電話カケ放題プラン+ダブル定額

では確かに月額 最大6,700円でおさまります。

一見お得に見えますが、
データ通信が実質2GBで制限されてしまうんです。


今までスマホをバリバリ使っていたら
2GBがあっという間
ということはご存じだと思います。

Youtube動画を日々チェックしたいなら
2GBはあり得ませんよね。


ということで、
段階的な定額で、データ定額8かデータ定額10 くらいを選べば、

通信容量の制限はありますが、相当楽しめると思います。


その他のプランについて、
詳しくはこちらにau料金プランの記事をまとめてあります。

>> auガラホの料金プラン!みんな待ってましたー <<




2.ガラホで携帯料金を抑えたい人向け


こちらはauだけでなく、docomoでも可能ですので、
キャリアはお好みで選べます。

今の時代はMNPでどんどんキャリアを変えるのがお得な時代です。

特別なポリシーがなければ、気にせずMNPでキャリアを変えましょう。

今auの人はdocomoへ
今docomoの人はauへ


MNPすれば本体代金が一括0円ですし、
キャッシュバックももらえるし、おいしいことが多いです。


ということで、ここでは、

携帯料金を抑えたい人向けに考えます。


docomoのガラホを選ぶ場合

FOMAプラン・タイプSSバリュー(無料通話1,000円含む)
ひとりでも割り適用で月額934円

データ通信は一切やめましょう。

データ定額プランを選んでも、
LINEなどを使うとあっという間に上限4,200円が加算されます。

携帯代金を抑えたいなら無料通話で抑えるプランになります。



auのガラホを選ぶ場合

VKプランS(無料通話1100円分を含む)
誰でも割りを適用で月額998円


こちらもデータ通信はやめますが、

auの場合はなんと!Wi-Fiが使えます

よって、Wi-Fi経由でLINEを思いっきり楽しみましょうww

Wi-Fi以外のデータ通信を使用不可とするために、
LTE NETは契約しない方が安全です。

ちなみに、Wi-Fiにしたとしても、
携帯メールアドレス(xxxxxx@ezweb.ne.jp)が欲しい人は
LTE NETを契約する必要があります。



以上、

かなり長い記事になりましたが
いかがだったでしょうか。

スマホからガラホへの乗り換えについて
また新しい情報がでてきたらまとめていきたいと思います。


スマホの主にデータ通信料金をガツンと抑えたいんだよ!って方には、
次の記事も参考になるかもしれません。




それでは、これからもガラホを楽しんでいきましょう!


 




スポンサーリンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ